ふたりめ妊娠中に切迫流産になり自宅安静になった時のこと

今は無事安定期に入って何事もなく過ごしていますが、安定期直前の14週目ぐらいに突然出血して切迫流産になりました。

今回はその時のことを書いていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

突然の出血と切迫流産

出血があった日、特に激しい運動などはしておらずいつもどうり普通に生活していました。

たまにチクチクするかな?ぐらいだったので、運転して上の子を抱っこしてご飯を作って。でも決して無理はしていなかったです。

夕飯の支度も休み休みしていたのですが、何かがでた感覚がありトイレに行くとおりものシートが真っ赤!鮮血でしかもそこそこの量の出血をしていました。

最初に産婦人科に連絡した時には、それ以上出血が増えないようなら安静にしていれば大丈夫、とのこと。

鮮血でてんのに大丈夫か?!と思いつつ安静にしていたのですが、程なくして1回目以上に大量出血したので連絡してから急いで受診しに行きました。

生理2日目ぐらいの量の鮮血でナプキンが真っ赤に染まっていました…。

切迫流産の診断とおそらくの原因

診察してもらったところ、切迫流産の原因は、子宮内に出来ていた血豆が潰れ、おそらくそれから出血したのだろうとのこと。

だいぶ出血は落ち着いていたようですが、切迫流産で安静指示が出ました。

どれくらいの安静か聞いたところ、この場合の安静はなるべく横になって自分じゃないとダメなこと以外はやらない。ということでした。

そして自分で自分の限界を見極めて少しずつ動くようにして、と。難しいな…。

薬はズファジランという張りどめの薬を10錠ほどだされ、お腹が張った時や出血時に飲んで様子を見るようにいわれました。

ちなみに!

ズファジランの副作用で手の震えや動悸が出ることがあるよ、といわれビクビクしていましたが、飲んで数十分間ほど動悸と息苦しさがあったぐらいで吐き気や手の震え等はありませんでした。

調べると副作用で苦しんだ方もいるようなので、人によって副作用の強弱があるようですね(>_<)

自宅安静時の過ごし方

自宅安静とのことで、上の子も面倒や家事もあるのでどうしようかと思いましたが夫の協力でなんとか乗り越えました(´・Д・)」

先生が安静時の過ごし方についてかなりしっかりと話してくれたのは、夫に向けて協力を仰ぐ意味合いもあったのかなと思います。

休日は夫が休みなので、全て頼って横になり。

平日はこどものお風呂、お皿洗い、洗濯干しなど出来ることはやってくれましたし、昼間はお義母さんが午前中こどもを預かってくれて、午後に夕飯を届けてくれたりしました。

私はできるだけ横になり、必須な家事等だけやり、こどもの抱っこはせず遊ぶ時も、申し訳ないけど横になって相手していました。

この生活が2週間程続けて、再度病院に受診するともう心配ないとのこと。

(「心配なし!普通通りでいいよ!はい!」と、これで診察おしまいでした!)

この日から安静解除でほぼ普通通りの生活に戻りました!

私の場合は、一時的なものだったようなので安静は2週間程度ですみました。

誰でも起こりうる切迫流産

今回、軽めでしたが切迫流産になって、ひとりめも平気だったし!と自分は切迫流産になるなんて思いもせず、妊娠初期から走り回ったり重いものをもったりこどもをよく抱っこしたり。

ひとりめの時には絶対にやらないような行動ばかりしていたことを少し反省しています。

結果家族にたくさんの迷惑をかけてしまいましたし。

上の子の世話をしていると、妊娠していることを忘れてしまいがちなんですよね。同じ状況のママさんも同じことを言っていました。

仕方ないといえば仕方ないのですが。

どんなに良好な状態であってもいつ何が起こるかわからないのが妊娠なんだ、と改めて思わされました…。ふたりめなのに…。

元気な妊婦さんも無理しないように気をつけてください!

スポンサーリンク
スポンサードリンク