真夏の外出前の車内の暑さ対策

車に乗る犬

夏の車内はそれはもう地獄の様な熱気になってしまいますよね。いざでかけようと、車のドアを開けた瞬間に「もわ~」っといやーな熱気が。

ここでは、車に乗り込む前に手間や時間をあまりかけない方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

まず暑さ対策を

サンシェードをかける

夏に車で出かけた後は、かならずフロントガラス部分にサンシェードをかけるようにしましょう。サンシェードで直射日光を車のなかに入れないようにすることで、車内の気温が上がるのを軽減させることが出来ます。出かけ先で長時間車をとめておく場合も、同じようにサンシェードをかけておくとよいです。

窓ガラスに遮熱フィルムを貼る

遮熱効果やUV効果等がある車専用の遮熱フィルムを窓ガラスにはると車内に夏がこもりにくくなります。赤ちゃんや子供がいる家庭でも紫外線対策に効果的です。遮熱フィルムはホームセンターのカーコーナーやカー用品店で売っています。

日陰にとめる

これは基本なのでみなさんやっていると思いますが、車を止める際にはなるべく日が当らない場所に止めましょう。屋内に駐車場があるショッピングセンターなどはできるだけそちらを利用するようにしましょう。

熱気をとる&だす

濡れたタオルで熱くなっている部分をふく

ダッシュボードの上やハンドル、メータの周りなど熱くなってしまっている部分を濡れたタオルで拭きましょう。濡れたタオルで拭くことにより、水分が蒸発する際に一緒に熱もとってくれます。

 ドアの開け閉めをする

まず右か左、どちらでもいいので片方の前席と後部座席のドアを全開にあけましょう。そのあとに、開けてある反対側の前席のドアをあけます。最後に、前側のドアを開けたり閉めたりします。この方法で車内の温度は数度はさがります。

※隣に他のクルマが止めてある場合などは注意してやるか、もしくはやらないようにしたほうがよいです。迷惑になったり他の車を傷つけてしまったら大変です。特に風の強い日なんかもドアが勢いよく開いてしまい危険なのでやめたほうが無難です。

まずは窓をあけて走り熱気をだしてしまう

乗ってすぐにエアコンを強風にしてもなかなか車内の熱気は冷えてくれません。なので、車内が冷えるまでに時間がかかってしまいます。

まず、エアコンはつけずに窓をあけて少し走ってしまいましょう。そうすると走った時の風が車内の熱気を外にだしてくれます。エアコンをつけるのはそれからにしましょう。

エアコンを効率よく使う

エアコンを使う場合は、まず、窓を開けたまま外気気流にしておきましょう。熱気が早く外にでていってくれます。ある程度冷えてきてからエアコンを内気循環にします。こうすると普通にエアコンをつけてしまうよりも効率よく車内を冷やす事が出来ます。

さいごに

車内の暑さはどうにもならない部分もありますよね。決まった駐車場が日向だと絶対に車内に熱がこもってしまいますし…。できるだけ快適な夏の車生活ができるように、ここで紹介した方法を是非やってみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク