扇風機やクーラーを使わない、室内での暑さ対策

夏に室内にいるとついクーラーや扇風機をつけてしまいますよね。電気代もばかになりませんし、クーラーで体が冷え過ぎたりすると頭痛がしたり肩が凝ったりといろんな影響もでてきます。クーラーや扇風機をつけずに暑さ対策できるものならそうしたいものです。

ここでは、クーラーや扇風機を使わない室内の暑さ対策を紹介します。

※暑いのを我慢して熱中症になってしまわないように、限界を感じたらクーラーや扇風機をつけましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

室内の熱気をにがす&日差しを防ぐ

窓を開けて換気する

窓をあけて室内の中の熱気を外に逃がしてあげましょう。このとき、対極にある窓を2か所あけると効率よく熱気を逃がす事が出来ます。対極に窓がない場合でも、換気扇をつければ熱気を逃がすことができます。

室内の中に日差しが入らないようにする

室内に熱気がこもらないように窓にすだれやのれんをかけて日差しを防いでしまいましょう。まず日差しを防いでしまうことで暑さ対策になります。

洗濯ものを窓際に干す

洗濯のを窓際に干すと日差しを防ぐ効果もありますし、濡れた洗濯物により空気が涼しくなります。大判のタオルケットやバスタオルなどを干すとよいです。

外出するときは雨戸やカーテンを閉める

外出する時は室内の雨戸やカーテンを閉めていきましょう。こうすることで日差しが入るのを防ぎ、帰宅時の熱気が全然違います。

自分を冷やす

ぬるめのシャワーを浴びる

暑い時は、体にまとわりついた汗をぬるめのシャワーで流してしまいましょう。ぬるめのシャワーを浴びることで汗もひき、体感温度もだいぶ下がります。

保冷剤で首元やわきの下をひやす

保冷剤などで首元やわきの下を冷やすとより涼しく感じます。

※首を冷やし過ぎるとよくなのでほどほどにしましょう。

薄着になる

薄着は暑さ対策の基本です。室内の中では出来るだけ薄着で過ごすようにしましょう。ただし、裸になってしまうと汗が吸収されないのでタンクトップ1枚でもいいので着ましょう。今はいろんなメーカーから汗を吸収してくれてさらさらなインナーなどが売られていますので、そういったものも活用してみましょう。

冷たい飲み物を飲む

夏の夜のビールは最高ですね!でも冷たい飲み物を飲み過ぎると、胃腸の働きが悪くなりお腹を壊してしまうので注意しましょう。

グッズを活用する

今は暑さ対策のためのグッズがたくさん売られていますね。涼感スプレーやクールタイプのボディシート、濡らして首に巻くだけのもの、それに涼しく感じるラグや寝具もたくさんでています。ぜひ活用してみてください。

暑い日は家で過ごさない

あつーい日はいっそのこと外に出てクーラーのきいた図書館やショッピングセンターで過ごしてしまうのもひとつの暑さ対策です。この方法の暑さ対策ならば電気代もかかりません。

さいごに

夏の暑さにはもううんざりしてしまいますよね。今回紹介した暑さ対策を参考にして、今年の夏は少しでも快適に過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク