熱帯夜の暑さ対策!ぐっすりと快適に眠る方法

ぐっすりねむる

毎年毎年、熱帯夜の就寝時の寝苦しさに悩まされている人は多いと思います。熱帯夜とは、日本の気象庁のことばで「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が摂氏25度以上のこと」を言います。さらに日本の夏は湿度が高いので、ムシムシして余計に寝苦しくなってしまうのです。

湿度が高いと、汗が蒸発せず体にまとわりついてとても深いですよね。だからといってエアコンをつけたまま寝ると電気代もかかります。翌朝冷え過ぎてしまってお腹を壊したり夏風邪をひいてしまった、なんてことを経験した人も多いと思います。

前置きが少し長くなってしまいましたが、ここでは熱帯夜にぐっすり快適に眠る方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

熱帯夜での就寝時の暑さ対策

外の空気をとりこむ

扇風機やサーキュレーターを活用して外の空気をとりこみましょう。効率よく換気をする要領で行なえば、外の空気を取り込み中の熱気を出す事が出来ます。

→効率の良い換気の方法はこちら

※もし外の空気のほうが気温が高い場合は逆効果になってしまうのでその時は我慢せずエアコンに頼りましょう。つけっぱなしが嫌な方は、タイマーを設定して寝るようにしましょう。この時にタイマーで早く消しすぎてしまうと、エアコンが止まった時に熱帯夜の場合部屋が暑くなって起きてしまうので気をつけましょう。

寝具に涼感素材のものを使用する

ベッドパッドや枕カバー、タオルケットなど涼感素材の寝具にしておきましょう。直接肌に触れている部分なので、寝具を涼感のものに変えるだけで寝心地がよくなります。

ベッドパッドにしても、色んな肌触りや素材(竹なんかでできたものもあります)がありますので自分にあったものを選んでみましょう。

よりひんやり感を求めるのならジェルマットを購入してはいかがでしょうか。ひんやり感が持続し熱帯夜でも快適な眠りの手助けになること間違いなしです。ジェルマットも色んなメーカーから色んなサイズがでていますので、自分にあったものを選んでみましょう。

パジャマも涼感のものにかえる

パジャマや部屋着もさらっとひんやりした涼感のものに変えてしまいましょう。パジャマ、部屋着といっても今は色んなメーカーから、ステテコなどさまざまな種類やデザインのものがでていますので、自分の好きなデザインや形のものを探してみるのも楽しいと思います。

氷まくらや保冷材で局部をひやす

熱が出た時に氷まくらで頭を冷やすと気持ちいいですよね。熱帯夜の時もこの氷まくらを活用し、頭をひんやりと冷やしてあげれば暑さもやわらいで眠りにつきやすくなります。

保冷剤を使う場合は、わきの下や首筋、太ももの間など太い血管が通っているところを冷やしてあげると体感温度がさがって涼しく感じることが出来ます。

※どの個所ももちろん冷やし過ぎはよくないので注意して下さいね。

除湿機をつける

熱帯夜の不快感の原因のひとつは、湿度が高くムシムシしてることです。そんな時は除湿機をつけて湿気をとってしまいましょう。エアコンの設定温度を高め(28度以上)にして除湿機をつけると、空気がさらっとしてエアコンの設定温度が高くても快適に感じることが出来ます。

涼感スプレーや涼感ローション等をつける

寝る前に涼感スプレーを首筋や背中、足や腕と色んな部位につけてから寝るとすーっとして気持ちがいいですよ。シャワー時につける涼感ローションもでていますので、お風呂上がりのムシムシ感を軽減させるためにもぜひ活用したいところです。

さいごに

熱帯夜の暑さやムシムシは本当に不快で悩みどころですよね。連日熱帯夜が続いてしまうと寝不足になり家事や仕事に支障が出てしまいますし…。ここで紹介した方法は簡単なものが多いので、是非実行して熱帯夜を快適に眠れるように過ごせるようにして下さいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク