帰宅時の蒸し風呂なみの部屋の暑さを効率よく解消するための対策

仕事で疲れて帰ってきたら部屋が蒸し風呂状態で、さらにどっと疲れが増してしまう…なんてことありませんか?部屋のドアを開けた瞬間の「もわ~ん」と聞こえそうなほどの熱気はとっても不快ですよね。

帰宅してすぐにエアコンをつけて設定温度を低くしさらに強風にしているという方も少なくはないはずです。しかし、それでは効率よく蒸し風呂状態の部屋の暑さを解消することはできません。

それに一度部屋を冷やし過ぎると設定温度を高くしても暑く感じてしまうので、結局また設定温度を低くしてしまい電気代もかかってしまいます。

ここでは、そんな帰宅時の蒸し風呂状態の部屋の暑さを効率よく解消するための対策を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

帰宅時にまずすること

窓を開ける

不快なほどの暑さに思わずエアコンのリモコンに伸びた手をひっこめ、まず窓を開けましょう。

夏場に部屋を閉め切っていると、外の気温よりもなかの気温のほうが高くなってしまっている事が多いのです。熱気がこもってむんむんの部屋に冷房をつけても、部屋が冷えるまでにかなり時間がかかってしまいますし、そうすると電気代もたくさんかかってしまいます。ひとまず暑さを我慢して窓をあけて熱気を外に逃がしてあげましょう。

風が通り抜けやすいよう扇風機をつける

窓を開けてもなかなか外の空気が入ってこないことも多いと思います。夏場は特にそうですね。

なので扇風機をつけて、部屋の中から外に向かってつけてあげましょう。そうすることで、部屋の中の暑い空気が外にでていきやすくなります。換気扇も部屋の空気を外に出してくれるのでつけるとより効果があります。効率の良い換気方法をすれば、部屋の熱気を早く逃がすことができます。

→効率の良い換気の方法はこちら

シャワーで汗をながしてしまう

換気をしている間にぬるめのお湯で軽くシャワーを浴びてしまいましょう。シャワーで汗を流すとさっぱりして不快感が解消されたり体感温度がさがったりします。さらにでたあとに冷たい飲み物を飲むと汗もひき、体感温度はもっと下がります。

シャワーを浴びている間に部屋の温度も下がっていることでしょうから、それから設定温度を高めの28度でエアコンをつけても快適に過ごせます。設定温度を高くすると節電にもなりますので家計にも優しいです。

さいごに

帰宅してから、寝る前にお風呂にはいったりシャワーを浴びたりする人が多いと思います。その最後のお風呂、またはシャワーを帰宅後にもってくるだけで快適に過ごしやすくなるのです。

一度、帰宅後のスケジュールを見直してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク