保育園に入園してから3ヶ月。0歳と2歳、それぞれの子どもの変化。

こんにちは、よしだです。

子ども達が保育園に入園してから3ヶ月がたちました。

時の流れは本当に早いもので、入園した4月がすでに遠い昔のように思います。

慣れない保育園で子ども自身の不安、次々と病気をもらってきて兄弟で移しあい時には私もダウン、そして会社にはほとんど行けずに毎週数回は病院に通った日々。

今となってはいい思い出…

いやいや、先週も1週間休んだばかりですけどね……。
溶連菌が流行っているんですよ…。

てなわけで入園してからの子ども達の変化にフォーカスをあてて、つらつらと書いていきたいと思います。

あとで読み返したときに、あー懐かしいなぁなんて心穏やかに思えるといいな。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

子ども達のそれぞれの変化

0歳の次男

入園児、まだ8ヶ月だった次男。それはそれは心配でした。上の子は2歳まで家庭保育でゆっくりマイペースに育ててきたので、まだ0歳児のうちに保育園へ預けるということに少なからず抵抗もありました。

離れ離れでさみしい思いをさせてしまうのではないか、たくさん病気ももらってしまうのではないか。

さて、どうだったかといいますと~。

泣きながらお別れが、笑顔でバイバイに

最初の1ヶ月はまあ想定通り病気ばっかりであまり保育園にはいけず、お休みで病院三昧。その分なれるのも遅かったのかな?

そのせいかしばらく朝預けるときは根性の別れぐらいの勢いで泣いていたけど、ゴールデンウィークを過ぎたあたりからは朝からニッコニコですっかり保育園っ子になりました。
3か月たった頃には、朝保育園について先生の顔をみるなり笑顔になって、わたしにも笑いながらバイバイしてくれました。

0歳児クラスの先生はみんな若くてかわいい方ばかりだったんですね。それもニコニコの要因かと思っとります(笑)

嬉しいけどちょっと寂しい。

保育園の生活にしっかり順応してきている

これは変化ではないけど、保育園での生活には初日からスムーズにできていたようで。ご飯も残さずもりもりよく食べ、たくさん遊び、朝寝と昼寝もちゃんと寝ていたようです。

朝寝、昼寝なんて家では勝手になるとかありえないのに、先生に「園では勝手に自分で布団に行って寝ますよー^^」と言われてまして。

まだ自分の置かれた環境がよくわかっていないので、ここではそういうもんだ、と自然に刷り込まれて受け入れてなれるのが早かったのかな、と思います。

とにかく保育園での生活リズムにも慣れたようで一安心。

体が丈夫になってきた

この三ヶ月の次男の変化で一番目に見えて分かるのは、体が丈夫になってきたってところでしょうか。

最初の頃はやはり病気をたくさんもらってきて、お休みもたくさんしていました。しっかりお休みさせても常に鼻水を垂らしていたし、咳も出たり引っ込んだり。常に何かしらの菌を常備していたのではないかっていう感じ。

最初こそ、兄から移されてお熱を出して一緒にお休みしてたけれど、兄が熱出しても移らないことが多くなりました。移される確率的には100パーセントから70パーセントくらいに。(そこそこ高い確率ですがそこは目をつぶってください)

気付けば常にたらしていた鼻水もあまりたらしているのをみなくなりました。以前は鼻水が出てくると大体咳がでてそのまま発熱コースが多かったのですが、鼻水どまりで咳や熱に移行することもかなり稀になってきた感じです。

といいつつ、先週溶連菌で1週間お休みしましたけれども。感染症は仕方ない。

これは仕方ない。

【祝】夜はぐっすり寝てくれるようになりました

昼間たくさん遊んで疲れるからか、夜はほぼぐっすり寝てくれるようになりました。
保育園入る前は、寝かしつけた後も頻繁に起きてしまって夜の家事が捗らず、仕事復帰できるのかな…と不安でしたが、よく寝てくれるので、なんとか!なんとか大丈夫でした!

2歳の長男

朝メソメソから保育園大好きっ子に

2歳にもなるとちゃんと親の言うことが多少は理解できるようになってくるので、保育園に入る前に、これからはお母さんがお仕事している間に保育園っていうところに言って過ごすんだよ。お友達もたくさんいるし、楽しいことがたくさんあるよ。と言っていました。

入園前の健康診断の時に初めて保育園に行った時、また行きたいなって言っていたのでこれはイケるぞ!と思っていましたが…

やはり最初の1ヶ月ぐらいは、泣くまではいかなくともなんとなく寂しそうな表情でお別れしていきました。しょんぼりバイバイしている長男。少し引っ込み思案なので心配でした。

教室でも、朝メソメソしててお昼寝も慣れない環境でなかなかできなかったようですが、それも2ヶ月もたてば保育園大好きっ子になりました。

熱で休んでも泣き叫んで保育園へ行くのだと彼は言うのです。
休日でも、思い出したように今日保育園行かないの?今から行くの?と聞いてきたり。保育園で楽しく過ごせているのが伝わってきて、こちらも一安心。

好き嫌いが減りお昼寝がしっかり出来るようになった

家では好き嫌いがあって偏食ボーイだったので食に関しては毎日悩まされていました。

そんな長男も!給食も残さず全部食べていると先生から聞いてびっくり。そして家でも好き嫌いをしないようになってきて、家では手をつけなかった野菜をよく食べるようになりました。

そしてお昼寝。

保育園入る前はあんまりお昼寝してくれなくて困っていたんです。しないと夕方ものすごくぐずるか、電池切れで中途半端な時間に寝ちゃうかで。
休日、一緒にお昼寝出来るのでこれはほんと助かりました。この頃はわたしも子供とがっつりお昼寝してました。

親の方が仕事に育児・家事と慣れるまでに時間がかかって疲れちゃってました。常にマルチタスク状態で頭の中も体力的にもいっぱいいっぱいだったんですかねぇ。

ルールを守り話をきちんと聞けるようになった

これまで集団生活をしたことがない長男。入園式では先生の話中にキョロキョロしたり席を立ってフラフラしたり、床にゴロリと転がったりと心配なほどフリーダムでしたが、保育参観ではしっかりと席に座って先生の話をきけるようになっていました。

い、椅子に座って先生の話きいてる~!!って夫と感動したのを覚えています。

お友達との関わりが増えた

クラスで周りは持ち上がりが多い中、長男は2歳で初めて保育園に入園したのでほぼアウェイな訳です。そのため、お友達と馴染めるかなと心配でしたが、2ヶ月ぐらいからどんどんお友達の名前が出てきて3ヶ月たった今では、他の年上のクラスのお兄ちゃんお姉ちゃんの名前もたくさん出てくるようになりました。

縦割り保育も結構あるようで、他のお姉さんお兄さんクラスとの交流を楽しそうに話してくれます。

上の子達もみんな面倒見がいいので、いつも帰る時連れてきてくれたり何して遊んだか教えてくれたりするので、わたしも他の子の名前をたくさん覚えました。

人数が比較的多い保育園なので放課後の園庭はワイワイと楽しそう。

夜ぐっすり寝てくれるようになった

長男は小さい時から何回も夜起きる子でかなり手こずらせてくれましたが、昼間たくさん遊んで体力使うからか夜もぐっすり。

でもたま~に起きますけど、以前に比べたらすごく減りました。
昼寝もしっかりするから、夜はもしかしたらなかなか寝ないんじゃないかって心配だったけどそんなことはなかったです。

自主性が出てきてお手伝いもするように

年齢のせいもあるかもしれませんが、とても自主性が出てきました。
着替え、お片づけ、料理や洗濯たたみのお手伝い、弟の世話(まだまだいじめることが多いけれど;)。
保育園では基本的には自分の事は自分でやるので、その影響もあるのでしょうね。

園での様子を自分から教えてくれるようになった

入園したてのころは何をしたか聞いてもよくわからない答えで心配でしたが、3ヶ月ほどたった頃には、自分から今日何したか誰と遊んだか積極的に話してくれるようになりました。
会話のキャッチボールがポンポンできてとても楽しいし、意思疎通がしっかりできて楽になった気がします。

今更ですが、言葉が通じるってすごいことですよね。

トイレトレーニングも順調、かな?

5月から保育園と合わせてトイレトレーニングを開始しました。家では、下の子のお世話に追われて全然見てあげられていなかったので開始が遅くなってしまったのですが、先生の協力もあり、割とすぐにトイレでおしっこ、うんちが出来るようになりました。

まだお漏らしはありますが、お昼寝と夜寝る時以外はずっとパンツで過ごしています。

びっくりしたのが、保育園ではもう1人でおしっこしているということ。
家では色々介助していたので、なんだ、1人で出来るんだ、と感心しました。

きっと家庭での保育だと干渉しすぎちゃって1人で出来るはずのことも出来なかったと思います。

毎日大変だけど保育園に入れて本当に良かった!

入園当初に比べると驚くほどいろんな面で成長を感じられました。

保育園という小さい社会で、先生やお友達と色んなことを学び体験しそれらを色んな形で吸収しているのでしょうね。

こどもの吸収力ってすごい。
周りの環境の影響もすごい。

お友達との関わり合いもぐっと増え、年長さんのお兄ちゃんお姉ちゃんにも仲良く遊んでもらえて毎日本当に楽しそうです。

私が時短でお仕事をさせて頂いているのでお迎えは早い方なのですが、いつも「もっと遊びたかった。もっと遅く迎えに来て!」って言われます。

それはそれで寂しいけどなぁ。笑

子どもの嬉しい変化はもちろん、なにより保育園に入れて良かったと思うことは、私の心の余裕が出来たこと。それによって子どもに笑顔で接することが出来るということ。

専業主婦で24時間子供と一緒は私にはつらい部分もたくさんあった。

もちろん子どもはかわいい。
なによりも大切で優先してしまう存在。

だからこそ毎日毎日気が抜けず上手くいかないとついイライラして、その大切なはずの子どもにあたってしまって自己嫌悪…。24時間笑顔とか、人間無理ですね。

たまに無表情でした。
無表情で子供と遊んでました。ひゃー。

仕事復帰が決まって保育園入園してからは、体力的にはかなり大変で毎日ヘトヘトになっていますが精神的にはとても充実した日々を送っています。

子どもを迎えに行って今日はどんなふうに過ごしたか聞くのがその日の楽しみになっています。

今までより一緒にいる時間は減りましたが、その分濃厚な時間を過ごせるようになったんじゃないかなと思います。

例えるなら長年同棲してるカップルよりそこそこの遠恋のが燃える、みたいな。
ちがうか。
そこはひとによってか。

要は時間の大切さを再確認出来たということです^^

それに子育ての悩みがあっても保育園の先生に相談し共有することで、私自身の負担がとても軽くなりました。

夫も私が働き始めてからは前より家事育児に携わる時間が増えました。
(それでも私の負担は減らないけど;)

と、ここまで書きたい放題つらつら連ねてきましたが、大人にとってはたったの3ヶ月でしたが子供にとってはとても長くたくさんの経験が出来き成長した3か月だったのかなと思います。3ケ月でこれですから、さてさてこれからどんな風に成長していくのか楽しみです。

以上。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク