歯磨きを嫌がる赤ちゃんに歯磨きをする方法はないのか?

泣く赤ちゃん

もうすぐ一歳になる赤ちゃんが、歯磨きが嫌過ぎてこの世の終わりのように泣くので何が良い方法はないかと真剣に模索中です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

嫌がる赤ちゃんに歯磨きをする方法いくつか

歯磨きが楽しいことだと思ってもらう。

つい怖い顔になってしまいがちな歯磨きタイム。笑顔で話しかけたり歯磨きの歌を歌ったりして赤ちゃんに「歯磨きは楽しいこと」と思ってもらおうということですね。赤ちゃんも楽しんで自分から歯磨きしたくなるのが理想ですけど…なかなか思うようにはいかないのが現実です。少し時間は掛かるかもしれませんが、この方法で歯磨きを好きになった子もいるようなのでやってみて損はないですよねきっと。

美味しい?味がするフッ素スプレーなどを歯ブラシにつけて磨く。

嫌いなものを食べてもらう時もこの戦法は使いますよね。
ただ、フッ素を使うことに賛否両論あるようなので少し調べてからのが良いかもしれませんね。

ぬいぐるみなどに歯磨きをしてあげているところを見せる。

ぬいぐるみを赤ちゃんに見立てて、お母さんが歯磨きする仕草をする方法です。なるべくなら歯がむき出しのぬいぐるみの方がいいのでしょうか、例えば…バイキンマンとか?お父さんを人形代わりにするのもよりリアルなので赤ちゃんも興味をもちやすそうですね!

歯を一緒に磨く、歯を磨いているところを見せる。

赤ちゃんて真似することが好きですよねー。やたら携帯やリモコンをいじくりたおしますし、人が使っているものを次から次へひったくってポイ、ひったくってポイですもんね(´・_・`)
その好奇心を利用するってことですね!

赤ちゃんにお母さんの歯を磨いてもらう

まず赤ちゃんにお母さんの歯を磨いて もらい(磨くというほど上手にできないと思いますが)、次は○○ちゃんの番ね!とすると磨かせてくれる子もいるようです。

赤ちゃんを股に挟んで無理やり抑えつけて磨いてしまう。

最終手段は、やはり、実力行使になってしまうのでしょうね。しかし、思いのほか「無理やり抑えつけて磨く」の方法をとっているお母さんさんが多いようです。虫歯になって大変な思いをさせたくない!という愛があってのこの方法ですよね。ただ、赤ちゃんの泣き声に耐えられるか否か、そこも問題ですね。

歯磨き好きになってもらうための歯磨き後のフォロー

嫌々歯磨きをするとどんどん嫌いになってしまわないか心配です。そうならないために、歯磨きを終えた後のフォローが大事なようです。

  • 綺麗になったね、お利口だったねなど褒めてあげる。
  • 抱きしめたりスキンシップをとる。

歯磨き後は、褒め倒してたくさん抱きしめたり頭をなでてあげるようにしようと思います。

嫌がるようにならないために

月齢が低い頃から歯ブラシに慣れさせておくことです。
歯が生え始めの時からでも、赤ちゃんが自分で持っても危なくない歯ブラシを与えておくと、歯ブラシになれて歯磨きを嫌がらなくなると言われました、母に。
結果、うちの赤ちゃんには何の効果もありませんでした。残念!

さいごに

嫌なことを楽しいことに変えるには時間がかかりそうですが、根気強く今回調べたこと全部試していこうと思います。とうぶんは無理やり押さえつけて磨くことになりそうですが。

結果がでたらまた書き残したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク