計画(誘発)分娩で促進剤を使用した2人目出産記録。1人目以上のスピード出産でした。

こんにちは、よしだです。 今回の2人目の出産は計画分娩(誘発分娩)で、1人目よりもはるかに早いスピード出産になりました。 その出産の記録を忘れないうちに書いて置こうと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

お産の概要ざっくりと

・出産週数は38週0日

・計画分娩(誘発分娩)で子宮口処置無し(子宮口3センチで熟化していたため)で陣痛促進剤からの人口破水での出産。

・分娩所要時間は約1時間半 以下詳細です。 少し長いので興味があるかたのみどうぞ。

急に決まった計画分娩(誘発分娩)

どうして計画分娩(誘発分娩)になったのか

37週5日の健診の時点で子宮口3センチで赤ちゃんもかなりおりてきていていました。 (そのせいか全く内診は痛くなかった。1人目の時はもっと奥まで突っ込まれてウォ!ってなった記憶が…) 普通ならもういつ産まれてもいい陣痛待ち!となるところですが… 私は妊娠後期のオリモノ検査で溶連菌(GBS)が陽性になってしまったため出産前にその溶連菌をやっつける抗生剤を点滴投与しないといけません。

※溶連菌は膣内の常連菌でそこまで気にしなくても心配ないよと言われましたが、赤ちゃんがそこを通るさいに感染してしまうと多少リスクがあるようです。 大体陣痛が開始してから出産までに点滴すれば大丈夫らしいのですが、 私は1人目の出産がかなり早かったので陣痛や破水が始まってからだと、抗生剤の点滴投与が間に合わない可能性があると先生に言われました。

というわけで陣痛を待たずに点滴してから計画的に誘発させて出産したほうが赤ちゃんへのリスクは少ないと言われたのでそうすることに。

もうすでにいつお産が始まってもおかしくないぐらい進んでしまっているので、この日の健診の次の日に入院、そして翌日に計画分娩(誘発分娩)となりました。 もう正規産で赤ちゃんも育っているとはいえ、まだ予定日まで2週間あるしまさかこんなに早く出産になるとは思ってもみなかった(´Д` ) やることリストがほとんど消化できていない。

上の子の時も、38週頃からはもういつ陣痛きてもおかしくないよ!から結局予定日超過したので、ふたりめもなんだかんだ予定日までは産まれないだろうとタカをくくっていた結果がこれ。 もうどうにもならないから、やることリストは夫に託しました(´・Д・)」

出産前日

シャワーを済ませ、午後3時に入院準備をもって産院へ。 行ってすぐに尿検査。 その後部屋に通されてNST。 そして夕食後に内診とNST。内診の結果、子宮口は3センチで薄く柔らかくなっているので特にバルーンなどの子宮口を広げる処置はなしになりました。 そのまま就寝。出産に備えてたっぷり睡眠を取りました。

出産当日

陣痛促進剤の点滴開始

前日の説明では8時過ぎからと聞いていたのですが、朝6時半にNSTをしてから、そのまま分娩室へいき、7時過ぎから溶連菌の抗生剤と陣痛促進剤点滴開始となりました。

つまりこのまま出産の流れになります。 前日かなり食べたため朝トイレを済ませてから出産に臨もうと思ったのにその時間が、なかった…。 看護師さんに、今日まだお通じなくて(´Д` )と言いましたが、大丈夫大丈夫赤ちゃん産まれる前に出しちゃうからって笑顔で言われました。

えっ(´Д` ) そして朝食なし。えっ(´Д` )

陣痛開始

陣痛促進剤の点滴を開始してから少しずつ規則的は張りが出てきましたが全く痛くないので陣痛にはまだまだ。

1時間ほどたったころ、張りに少しずつ痛みが付いてきました。この辺から陣痛開始となっていました。 立ち会い希望の夫もこのころ到着しました。

9時前に1度助産師さんの内診がありましたが子宮口は3センチのまま。 痛みはどんどん強くなるが生理痛が重かった私にはまだまだ堪えれる痛さ。 陣痛の合間には夫と会話していました。

人口破膜

9時過ぎに先生の内診があり、子宮口は5センチに近い4センチとのこと!そのまま人口破膜。 張りに合わせて細いハサミのようなものでチョイチョイって切っていました。膜なので特に痛みは感じません。

破水したとたんに痛みがグッと上がってちょっと余裕がなくなりました。 助産師さんがしきりに、おしりに圧迫感が出たらすぐ言って!というのでおしりに集中していると、割とすぐに尻のほうに圧迫感がでてくる。 ここでまた助産師さんの内診。

すると、まさかのもうお産!(゚Д゚) 肛門を押さえられながら、先生呼ぶのでまだ力入れちゃダメだよ!と言われる。 痛みもうなぎのぼりでいよいよいきみたくなってきました。

ちなみにいきみ感とはまさしく排便感のことで、いきみかたはその排便感にまかせてウンチをだすように踏ん張れば大丈夫です。 もちろんウンチがでちゃっても大丈夫。助産師さんが手際よく処理してくれます。 おそらく私も出ましたね。 出産後はなんだか腸もスッキリしてましたから…。

出産!

お産の準備が整ったので、自然に力が入るぶんには良いよ!と言われそのまま軽くいきみました。 今まで少し余裕があったのが全てなくなり、頭ブンブンしながらアー!とか言ってました。呼吸は助産師さんの声掛け通りにできましたが、いきむときに目もつぶってしまったしダメな例ですね(´・Д・)」 最後のひといきみだけは我に戻って、目を開け足の方をみながらいきめました。

すると、もう力は入れないで胸の上に手をおいてハッハッて軽い呼吸してねーといわれ、すぐにヌルン!と赤ちゃんが誕生。 赤ちゃんに会えた感動よりも痛みから解放されたことによる涙が出ました。

後産と処置

助産師さんと夫と赤ちゃんが計測や写真撮影でキャッキャしているかたわら、先生に胎盤を出してもらい、出口が少し裂けてしまった部分を先生が麻酔をしながら丁寧に縫ってくれました。 1人目の時はこの縫う処置が結構苦痛だったのですが、今回は避けた部分も少なかったのかそこまで痛くはなかったです。

ただ、お産が早すぎて出血が少なくお腹の中に残ってしまったらしく、お腹の上から子宮をぐいぐいマッサージされて出された後さらに子宮に手を入れてグリグリ掻き出されました(´Д` ) もうこの処置が痛くて痛くて…思わず先生の手首を押さえつけてしまったほど。

でもこの処置のおかげ?で産後の子宮の戻りがとてもよかった。 痛い処置が全て終わった後は、子宮収縮剤の点滴をしたまま2時間ほど分娩室で休みしました。

途中救急車で運ばれてきた妊婦さんの分娩が隣で始まり一部始終を見守った後(カーテンを隔ててもう一つ分娩台があるため声や音は丸聞こえ!)、やっと部屋に帰りました。

2人目出産まとめ

今回ふたりめを産んで思ったのが、やはり1人目で1度出産を体験しているので、全く未知の世界だった1人目出産時よりもはるかに余裕をもって出産に臨めたんじゃないかなと思います。

そして1人目が割と早い出産だったのですが、2人目はさらに早い出産となりました。 経産婦はお産の進みが早いというのは本当なんだなーと。 もし家や出先で陣痛が始まったり破水したりしていたら病院まで間に合わなかった可能性もあったかも、と今更ながら怖くなりました。 いや、破水だったら確実に間に合わなかった…。 無事に出産できて本当に良かった。

サポートしてくれた優しい助産師さんや看護師さん、先生に感謝です。

* 後日また産後の入院生活や1人目と2人目の産後の肥立の違いについて書けたらいいなと思っています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク